略歴

1909年     父イツェク・ユートゥコ・ペレック生まれる
1913年     母ツィルラ・シュレヴィッツ生まれる
1934年     イツェク・ユートゥコ・ペレックとツィルラ・シュレヴィッツ、パリで結婚
1936年     3月7日、パリ19区に生まれる。
1940年     6月16日、イツェク・ユートゥコ・ペレック戦死
1942年     母と別れ、ヴィラール=ド=ランスの伯母のもとへ疎開する。
1945年     パリに戻る。6月、戦災孤児の認定を受ける
1949年     フランソワーズ・ドルトの精神分析を受ける。
1952年     二ヶ月ほどイスラエルへ旅行
1954年     バカロレア取得
1956年     処女作「さまよえる人々」《Les errants》友人らに読ませるが不評
1957年     高校時代の恩師ジャン・デュヴィニョーの紹介でモーリス・ナドーと出会う。ユーゴスラヴィアへ旅行後、小説「サラエボ事件」《L’attentat de Sarajevo》を執筆
1958年     徴兵に応じる。パラシュート降下の訓練を行う。
1959年     共産主義的な雑誌「全線」《La ligne générale》の発行を企画する。
1960年     10月22日、ポーレット・ペトラと結婚。チュニジアへ向かう。
1961年     フランスに戻る。
1963年     「ロベール・アンテルムあるいは文学の真実」を執筆。高等研究実習院でロラン・バルトの講義を受ける(記号学・修辞学、1965年まで)。
1965年     9月に『物の時代』《Les Choses》出版。11月21日にルノドー賞受賞。
1966年     『営庭の奥にあるクロムめっきのハンドルの小さなバイクって何?』《Quel petit vélo à guidon chromé au fond de la cour?》
1967年     『眠る男』《Un homme qui dort》
1969年     『失踪』《La Diaparition》「回文」10月、ラ・キャンゼーヌ・リテレール誌に『W』の連載を始める。
1973年     『暗い店』
1974年     『さまざまな空間』
1975年     『Wあるいは子供の頃の思い出』
1978年     『ぼくは思い出す』『人生使用法』
1982年     パリで亡くなる。
1985年     『考える/分類する』

 


コメントは受け付けていません。